AngularJS 1.3 では IE 8 がサポートされない


AngularJS 1.3 についての記事『AngularJS 1.3: a new release approaches』が公式ブログのほうに上がりました。

日本でのエンタープライズ(業務系)なんかでは、まだまだ IE 8 は当たり前のようにサポート対象のブラウザになっているところが多いと思うので、ちょっと大きなニュースですね。

なお、AngularJS 1.2.x 以前を IE 8 で動作させるには、過去記事『AngularJS を古い IE に対応させるには』をご参照ください。

AngularJS 1.3 は IE 8 をサポートしない

サポートをやめる理由としては、IE 8 で動作させるためのコードのせいで性能に悪影響があるし、すでに IE 8 ユーザは全体の数パーセント程度だし、Microsoft による Windows XP のサポートも 2014年4月に終わるし、とのこと。動作性能の向上はもちろん、機能を追加していくのも速くなると。

どうしても IE 8 で動作させ続けたい場合は:

  • AngularJS 1.2.x を使い続ける
  • AngularJS 1.3 をトライする
  • IE 8 で動作する AngularJS を商用サポートとして提供する会社を見つける。

1.3 バージョンでは IE 8 用のハックを積極的に削除していくことはないようで、1.2.x バージョンのアプリケーションが IE 8 で動作しているのであれば、大部分は 1.3 でも動作するのではないかということ。ただし、1.3 では IE 8 向けのテストもバグフィックスも実施しなくなると。

非推奨(deprecated)の API を削除

fix($parse): deprecate promise unwrapping and make it an opt-in

promise の unwrapping についてのことを指しているようで、この API のことは以前の記事『AngularJS 1.2.0-rc3 以降の Promise』をご参照ください。

リリースバージョンの命名規約

odd/even versioning から、semantic versioning に切り替えるということで、以前は 1.1.x(奇数)を開発バージョン、1.0.x や 1.2.x(偶数)を安定バージョンとしてきたバージョニングを、1.3.0-beta.1、1.3.0-beta.2 などを経て、安定版 1.3.0 リリースとするバージョニングになるということ。

1.3 新機能についてコメントを!

1月2日まで 1.3 での新機能についてのコメントを受け付けているようです。”+1” とコメントすれば投票したことに。

1.3(ベータ)リリースはいつ頃か

1.3 の最初のベータバージョンが 1 月で、その後 1 〜 2 週間間隔でリリース。